トピックス

製品案内

  • AdoptCellR-NK-Kit

コージンバイオ株式会社 〒350-0214 埼玉県坂戸市千代田5-1-3 TEL 049-284-3781 FAX 049-284-4784

SGS

HOME > トピックス

RSS

第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会における教育セミナー開催のお知らせ

2019/12/10 

第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会にて、下記のとおり教育セミナーをさせて頂きます。皆さまのご来場をお待ちしています。

●教育セミナー2
「AMR Up to date 〜対策のための新しい検査法を利用する〜」
日程:2020年1月31日(金)
時間:15:10〜16:00
会場:第4会場 ホテル日航金沢
演者:切替 照雄 先生
    順天堂大学大学院 医学研究科 微生物学
    順天堂大学 医学部 微生物学講座

    上地 幸平 先生
    国立大学法人 琉球大学医学部附属病院 検査・輸血部

座長:永沢 善三 先生
    国際医療福祉大学大学院 保健医療学専攻 臨床検査学分野
    国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 医学検査科

   詳細は、教育セミナーのご案内をご参照ください。

共同開発の成果が、「Diagnostic Microbiology and Infectious Disease」 2019年95巻:114882に公開されました。

2019/11/07 

順天堂大学医学部微生物学講座、ミャンマー国立保健衛生研究所、順天堂大学大学院医学研究科マイクロバイオーム研究講座と行いました共同開発の成果が、「Diagnostic Microbiology and Infectious Disease」 2019年95巻:114882に公開されました。

Evaluation of a new selective agar medium for detection of carbapenem-resistant Enterobacteriaceae.
(カルバペネム耐性腸内細菌科細菌検出のための新たな選択培地の評価)

◆Diagn Microbiol Infect Dis. 2019 95:114882
【著者名】 Kuwahara-Arai K1), Morito A1), Yanagisawa I2), Hishinuma T1), Mya S3), Zan KN3), Tohya M1), Tada T1), Tin HH3), Sekiguchi JI2), Watanabe S4), Kirikae T1).

【所属機関名】
1)Department of Microbiology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan(順天堂大学医学部 微生物学講座)
2)Microbiology Research Division, Kohjin Bio Co., Ltd., Saitama, Japan(コージンバイオ株式会社 微生物研究部)
3)National Health Laboratory, Yangon, Myanmar(ミャンマー国立保健衛生研究所)
4)Department of Microbiome Research, Juntendo University Graduate School of Medicine, Tokyo, Japan(順天堂大学大学院医学研究科 マイクロバイオーム研究講座)

2019年9月発売 RSウイルスキット「KBMラインチェックRSV」および「KBMラインチェックRSVテストデバイス」

2019/10/01 

この度、下記製品を発売開始致しましたので、お知らせいたします。

●製品名:KBMラインチェックRSV
 定価:1箱(10回用) 12,000円(税別)
 使用目的:RSウイルス抗原の検出
 (鼻腔ぬぐい液・鼻腔吸引液)
 判定時間:滴下1分後〜8分
 貯蔵法:2℃〜30℃
 有効期限:製造日より21ヶ月
 
 製品情報は、KBMラインチェックRSVをご参照ください。



●製品名:KBMラインチェックRSVテストデバイス
 定価:1箱(10本) 8,000円(税別)
 使用目的:RSウイルス抗原の検出
 (鼻腔ぬぐい液・鼻腔吸引液)
 判定時間:滴下1分後〜8分
 貯蔵法:2℃〜30℃
 有効期限:製造日より21ヶ月

 製品情報は、KBMラインチェックRSVテストデバイスをご参照ください。

順天堂大学医学部、順天堂大学大学院医学研究科、ミャンマー国立保健衛生研究所と行いました共同開発の成果が、「BMC Infectious Diseases」 2019 Jun 28;19(1):565 に公開されました。

2019/07/01 

Assessment of a newly developed immunochromatographic assay for NDM-type metallo-β-lactamase producing Gram-negative pathogens in Myanmar.
(ミャンマーにおけるNDM型メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生グラム陰性病原体のための新たに開発された免疫クロマトグラフィーアッセイの評価)


◆BMC Infect Dis. 2019 Jun 28;19(1):565.
【著者名】 Tada T1), Sekiguchi JI2), Watanabe S3), Kuwahara-Arai K1), Mizutani N1), Yanagisawa I2), Hishinuma T1), Zan KN4), Mya S4), Tin HH4), Kirikae T1).

【所属機関名】
1)Department of Microbiology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan(順天堂大学医学部 微生物学講座)
2)Microbiology Research Division, Kohjin Bio Co., Ltd., Saitama, Japan(コージンバイオ株式会社 微生物研究部)
3)Department of Microbiome Research, Juntendo University Graduate School of Medicine, Tokyo, Japan(順天堂大学大学院医学研究科 マイクロバイオーム研究講座)
4)National Health Laboratory, Yangon, Myanmar(ミャンマー国立保健衛生研究所)

「AdoptCell-NK kit」販売開始しました。

2019/06/28 

この度、下記製品を販売致しましたので、お知らせいたします。


製品名:AdoptCell-NK kit
定価:1kit 80,000円(税別) お問い合わせください。
保存:冷暗所(2-8℃)保存
有効期限:製造日より12か月

製品情報は、こちらをご参照ください。

日本微生物生態学会、日本土壌微生物学会、台湾微生物生態学会、および植物微生物研究会の共同編集の雑誌「Microbes and Environments」 2019年 第34巻(2号)  136-145頁に公開されました。

2019/06/27 

Development of a New Semi-Selective Lysine-Ornithine-Mannitol-Arginine-Charcoal Medium for the Isolation of Pantoea Species from Environmental Sources in Japan.
(日本での環境中からパントエア種を単離するための新しい半選択的培地 “リジン -オルニチン- マンニトール-アルギニン-木炭培地”の開発)


◆Microbes Environ. Vol. 34, No. 2, 136-145, 2019
【著者名】 Kuranishi T1), Sekiguchi JI1), Yanagisawa I1), Akiwa M1), Tokuno Y2).
【所属機関名】
1)Microbiology Research Division, Kohjin Bio Co., Ltd., Saitama, Japan(コージンバイオ株式会社 微生物研究部)
2)Department of Health and Nutrition, Faculty of Human Life, Jumonji University.(十文字学園女子大学 人間生活学部 健康栄養学科)

英国微生物学会発行の雑誌「Journal of Medical Microbiology」 2019年 第68巻(2号)  124-131頁に公開されました。

2019/02/19 

An improved carbapenem inactivation method, CIMTrisII, for carbapenemase production by Gram-negative pathogens.
(グラム陰性桿菌のカルバペネマーゼ産生検査のための改善カルバペネム不活化法CIMTrisII)

◆J Med Microbiol. Vol.68(2)、p124-131, 2019
【著者名】Uechi K1),2), Tada T3), Kuwahara-Arai K3), Sekiguchi JI4), Yanagisawa I4), Tome T2), Nakasone I5), Maeda S2), Mya S6), Zan KN6), Tin HH6), Kirikae T3), Fujita J1).
【所属機関名】
1) Department of Infectious, Respiratory, and Digestive Medicine, Graduate School of Medicine, University of the Ryukyus, Okinawa, Japan (琉球大学大学院医学研究科 感染症・呼吸器・消火器内科学)
2)Division of Clinical Laboratory and Blood Transfusion, University of the Ryukyus Hospital, Okinawa, Japan(琉球大学医学部付属病院 検査・輸血部)
3)Department of Microbiology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan(順天堂大学医学部 微生物学講座)
4)Microbiology Research Division, Kohjin Bio Co., Ltd., Saitama, Japan(コージンバイオ株式会社 微生物研究部)
5)Control and Prevention of Infectious Disease, University of the Ryukyus Hospital, Okinawa, Japan(琉球大学医学部付属病院 感染対策室)
6)National Health Laboratory, Yangon, Myanmar(ミャンマー国立保健衛生研究所)

「地域未来牽引企業サミット」in熊本

2018/07/21 

地域未来牽引企業に選出された企業が参加するサミットに参加致しました。
会場には、経済産業省の世耕大臣をはじめ地域未来牽引企業に選定された会社の代表者らなどおよそ400人が全国から集まりました。

味の素社と合弁会社設立に合意

2018/05/22 

味の素社と日本初の再生医療における臨床用培地受託製造会社設立に合意致しました。
こちらをご覧下さい。

上田清司埼玉県知事 「とことん訪問」来社

2018/05/21 

埼玉県内の企業視察の一環「とことん訪問」として、上田清司埼玉県知事・石川清坂戸市長・木下高志県議会議員・古内秀宣坂戸市議会議長の皆様が、本社工場見学に来社されました。
こちらをご覧下さい。

「地域未来牽引企業」に選定されました

2018/03/19 

経済産業省は、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済の中心的な担い手、および担い手候補である企業として「地域未来牽引企業」を選定し当社もその1社として選ばれました。

大阪事業所移転のお知らせ

2017/12/13 

2018年1月15日より、大阪事業所が移転となります。
今後とも、一層のご指導およびご支援の程よろしくお願い申し上げます。

【新住所】
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目11番10号 第3中島ビル10階
TEL 06-6838-3977 FAX 06-6838-3966
※ 電話番号およびFAX番号に変更はございません。

埼玉りそな様 経済情報誌8月号に掲載

2017/07/31 

「埼玉りそな経済情報誌8月号」に弊社の紹介記事が掲載されました。
是非こちらをご覧下さい。

KBM平板生培地製品 販売単位変更のお知らせ

2017/06/30 

お得意様各位

             KBM平板生培地製品 販売単位変更のお知らせ

謹啓
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊社製品につきまして格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび下記の通り弊社KBM平板生培地製品の販売単位を原則10枚包装に統一させて頂く事となりました。大変ご迷惑をお掛け致しますが、今後とも変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
尚、別紙にて旧包装品と新包装品(10枚包装品)の対比リストをご案内申し上げます。
                                               謹白                                                                                         

                     記
【変更時期】
平成29年7月出荷分より随時

【変更品目】
こちらをご覧下さい。

【価格等について】
新納入価格については従来の製品の1枚単価を適用致します。
ご施設内の登録等ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

【ご連絡先】
コージンバイオ株式会社 東京営業所
東京都豊島区東池袋1-21-1 オーク池袋ビル5F
電話番号:03-5459-1575(代) FAX:03-3464-0860
URL:http://www.kohjin-bio.co.jp                             以上

「臨床微生物迅速診断研究会誌 第27巻1号」に公開されました

2017/04/27 

偏性嫌気性グラム陰性桿菌を選択的に分離するために開発したアネロウサギ血液GNR分離培地の性能評価について
◆臨床微生物迅速診断研究会誌(JARMAM), Vol.27(1), p15-23, 2017

【著者名】成田 妙子1)、加藤 匡平1)、花岩 洋樹1)、原田 哲太1)、船島 由美子2) 、秋和 誠3) 、関口 純一朗3) 、永沢 善三2)、梅村 創1) 2)

【所属機関名】
医療法人社団高邦会高木病院検査技術部1)
国際医療福祉大学福岡保健医療学部医学検査学科2)
コージンバイオ株式会社微生物研究部3)

Microwaveを利用したMycobacterium属の迅速診断法に関する検討
◆臨床微生物迅速診断研究会誌(JARMAM),Vo.27(1), p33-41, 2017.

【著者名】船島 由美子1)、加藤 匡平2)、成田 妙子2)、花岩 洋樹2)、秋和 誠3) 、関口 純一朗3) 、永沢 善三1)、菅原 和行4)、宮本 比呂志5)

【所属機関名】
国際医療福祉大学福岡保健医療学部医学検査学科1)
医療法人社団高邦会高木病院検査技術部2)
コージンバイオ株式会社微生物研究部3)
菅原バイオテク教育研究所4)
佐賀大学医学部病因病態科学講座微生物学・寄生虫学分野5)

電話番号追加のお知らせ

2017/04/24 

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
購買・在庫・納期等のお問い合わせ窓口が以下の番号に変更となっております。
こちらの直通番号を、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

TEL:049-288-6208

血管内皮細胞用培地KBM VEC-1が、平成15年厚生労働省告示第210号「生物由来原料基準」に適合していることを確認

2017/03/23 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に対し再生医療等製品材料適格性相談を行い、 KBM VEC-1 Basal Medium(製品コード:16030110)及びKBM VEC-1 Supplement(製品コード:16030120)に含まれる動物由来原料が「生物由来原料基準」に適合していること*を確認いたしました。


*上記2製品及びこれらを用いて培養した細胞の安全性を保証するものではありません。

注:血管内皮細胞の培養時には、血清を2%添加する必要があります。自己血清又は生物由来原料基準に適合した血清を別途ご用意ください。

当該製品についての再生医療等製品材料適格性確認書をご希望の方は、弊社HPのお問合せフォームよりご連絡ください。

第16回日本再生医療学会総会 出展

2017/02/23 

この度、弊社、コージンバイオ蠅蓮崑16回 日本再生医療学会総会」
にて展示を致しますので、下記にお知らせ致します。

展示会名:第16回 日本再生医療学会総会
会期:2017年3月7日(火)〜9日(木)
会場:仙台国際センター 会議棟・展示棟
(〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山無番地)
展示場所:展示棟 展示室・ホワイエ内
コージンバイオブース:S-19

弊社では、本展示会会場におきまして、再生医療研究用培地、低酸素ワークステーションH35の機器展示、特定細胞加工受託サービスの株式会社ピルムのご紹介を展示しております。ご参加の皆様、是非、コージンバイオブース(S-19)までお立ち寄りください。


展示会詳細につきましては第16回日本再生医療学会総会をご参照ください

組織培養培地製品情報更新のお知らせ

2017/02/08 

組織培養関連培地、下記3シリーズの製品情報を更新致しました。
詳細は製品案内にてご確認ください。

〇號値獲茣敢挧ν冉歟蓮KBM ADSC-1&2

本製品は、脂肪由来幹細胞の未分化性を維持*したまま増殖させるのに適した培地です。
*未分化性の維持は、本培地で培養した細胞が脂肪、骨、軟骨へ分化する事及び表面マーカーで確認しています。

< 製品名 / 製品コード / 容量 / 価格 >
▪KBM ADSC-1 / 16030020 / 500ml / 26,000円
▪KBM ADSC-2 / 16030030 / 500ml / 23,000円
KBM ADSC1&2

血管内皮細胞用培地 KBM VECシリーズ

本製品は、血管内皮細胞の培養に適した培地です。
血管病理や血管新生の研究及び医薬品開発、毒性試験等にご使用いただけます。

< 製品名 / 製品コード / 容量 / 価格 >
▪KBM VEC-1/ 16030100/1Kit /21,000円
▪KBM VEC-1 Basal Medium / 16030110 / 500ml / 18,000円
▪KBM VEC-1 Supplement / 16030120 / 0.5ml / 9,000円
▪KBM VEC-1 FBS / 16030130 / 10ml / 9,000円
KBM VECシリーズ

線維芽細胞用無血清培地 KBM Fibro Assist

本製品は、ヒト皮膚真皮由来線維芽細胞用の無血清培地です。よく利用される無血清添加の培養と比較して、同程度以上に線維芽細胞を増殖させることが可能です。また、ヒト心筋周辺線維芽細胞も培養できることを確認しています。

< 製品名 / 製品コード / 容量 / 価格 >
▪KBM Fibro Assist / 16030050 / 500ml / 25,000円
KBM FibroAssist

詳細やご購入についてはお問合せフォームもしくはお電話にてお問合せください。

再生医療産業化展 出展のご案内

2017/02/08 

この度、弊社、コージンバイオ蠅蓮崑3回 再生医療産業化展」
にて展示ブースの参加をいたしますので、下記にお知らせ致します。

展示会名:第3回 再生医療産業化展
会期:2017年2月15日(水)〜17日(金)
会場:インテックス大阪
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)
コージンバイオブース:3号館 15-001

弊社では、本展示会会場におきまして、再生医療研究用培地、低酸素・嫌気ワークステーションH35の機器展示、エンバイオ社の製薬メーカー向け、環境用培地の展示、特定細胞加工受託サービスの株式会社ピルムのご紹介を展示しております。

ご参加の皆様、是非、コージンバイオブース(3号館 15-001)までお立ち寄りください。

展示会詳細につきましては、第3回再生医療産業化展 をご参照ください。

日本臨床微生物学会総会・学術集会 出展のご案内

2017/01/17 

この度、弊社、コージンバイオ(株)は、
「日本臨床微生物学会総会・学術総会」
展示ブースの参加を致しますので、以下にお知らせいたします。

展示会名:第28回日本臨床微生物会総会・学術集会
会期:2017年1月20日(金)〜22日(日)
会場:長崎ブリックホール
(〒852-8104 長崎市茂里町2-38)
コージンバイオ螢屐璽后3階ラウンジ 小間番号2

本展示会会場におきまして、体外診断用医薬品 インフルエンザウイルス抗原検出キット「KBMラインチェックFlu AB」、バーサトレック全自動血液培養検査装置、微生物培地(生培地/スタンプ培地)や消臭・除菌効果のある空間浄化キット“I-ブロックエアー”および簡便に嘔吐・汚物を処理できる“I-ブロックゲル”など、感染防止につながる二酸化塩素製品など、多数製品の展示とデモンストレーションを行います。ご参加の皆様、是非、
コージンバイオブース(3階ラウンジ小間番号2)までお立ち寄りください。

展示会詳細につきましては第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会をご参照ください

インフルエンザキット「KBMラインチェックFlu AB」販売

2017/01/11 

この度、下記製品を販売致しましたので、お知らせいたします。


製品名:KBMラインチェックFlu AB
定価:1箱 10テスト(10回用) 10,000円(税別)
使用目的:A型およびB型インフルエンザ抗原の検出
(鼻腔ぬぐい液・鼻腔吸引液・鼻かみ液・咽頭ぬぐい液)
判定時間:滴下1分後〜8分
貯蔵法:2℃〜30℃
有効期限:製造日より12か月

製品情報は、KBMラインチェックFlu ABをご参照ください。

KBM”スキロー血液寒天培地有効期限延長に関するお知らせ

2016/12/28 

コージンバイオ株式会社は、弊社製品「“KBM”スキロー血液寒天培地」を2017年1月1日製造分より製品有効期を90日から150日に延長いたします。
当社は、更なる品質向上に努め、お客様のニーズにお応えする製品をご提供してまいります。

【対象商品】
商品コード:42031
製品名:“KBM”スキロー血液寒天培地
(臨床材料、食品からCampylobacterを分離するための選択培地)
有効期限:90日⇒150日(2017年1月1日製造分より)

★新製品 二酸化塩素製品「I-ブロック・エアーBOX」発売のお知らせ★

2016/12/27 

この度、当社では新たに下記製品を製造販売することとなりましたのでお知らせいたします。

二酸化塩素製品「I-ブロック・エアーBOX」

二酸化塩素製品は“I-ブロックシリーズ”として消臭、除菌、感染症対策など目的に応じた形態での販売をしております。
新製品「I-ブロック・エアーBOX」は、接触感染が問題になっておりますドアノブに掛けて使うことができるフックを取り付けました。
ミシン目よりフックを切り取ることができるため、デスクサイドに置くこともできます。
また、製品の背面には両面テープを取り付けておりますので、ゴミ箱の裏蓋に接着するなど、3つの使用方法が選べる今までにない新しいコンセプトの製品となっております。

製品の詳しい情報につきましてはI-ブロックエアー製品案内をご参照ください。
その他ご質問はお問い合わせフォームあるいはお電話よりお問い合わせください。

■製品概要
製品番号/ 製品名 / 包装形態 / 定価
87011 I-ブロックエアーBOX 1個入 700円

■発売時期
平成26年1月15日

★新製品 神経幹細胞培養用無血清培地(KBM Neural Stem Cellシリーズ)発売のお知らせ★

2016/11/11 

この度、当社では新たに下記製品を製造販売することとなりましたのでお知らせいたします。

神経幹細胞培養用無血清培地 「KBM Neural Stem Cell シリーズ」

■用途

本製品は、神経幹細胞および神経細胞を用いた研究・開発で広く用いられている
ニューロスフェア法に適した培地です。
本製品にKBM Neural Stem Cell Supplementを添加して浮遊培養することで、
球状の細胞塊(ニューロスフェア)として神経幹細胞を培養することが可能です。
増殖させたニューロスフェアは、懸濁などで細胞を分散させて培養することで、
新たなニューロスフェアを作り出すことができます。
また、Supplementを加えずにニューロスフェアを接着培養することにより
神経細胞への分化誘導が可能です。

■特長

・組成が明らかなケミカリー・ディファインドの無血清培地
・幹細胞の培養と神経分化実験の両方に利用可能

■製品概要(製品コード/製品名/容量)

・16050100/ KBM Neural Stem Cell      / 500 mL / 20,000円
・16050200/ KBM Neural Stem Cell Kit*    / -  / 28,000円
・16050300/ KBM Neural Stem Cell Supplement / 1.0 mL / 10,000円

* KBM Neural Stem Cell及びKBM Neural Stem Cell Supplementのセットになります。

なお、近日中に製品ページにアップいたします。
それ以前は恐れ入りますが、 お問合せフォームもしくはお電話よりお問合せくださいませ。

★新製品 まつ毛美容液BIO LASH(ビオラッシュ)発売のお知らせ★

2016/11/01 

このたび、11/1に下記の製品を発売いたしました!

ビオラッシュ<まつ毛美容液>

専用ホームページも開設いたしましたので、是非ご覧くださいませ。

BIO LASHホームページ

■製品のコンセプト

生体内栄養素の核となるアミノ酸・ビタミン・ミネラルをバランスよくブレンド、まつ毛を強く太くするオタネニンジ根エキス・加水分解シルク、潤いを与えるヒアルロン酸などを配合。アイメイクやクレンジングで傷んだまつ毛にうるおいと強さを与えます。

■製品の特徴

●毛や肌を健康な状態に導くために必要となる成分バランスよく配合。
  *アミノ酸・ビタミン・ミネラル(生体内栄養素)
  *オタネニンジン根エキス・加水分解シルク(毛を強く・太くする)
  *ヒアルロン酸(潤いを与える)

●1回使い切りなので衛生的。
●やわらかくて塗りやすい綿棒含浸タイプ。
●パラベンフリー。

まつげエクステをしている方はもちろん、日々のアイメイクによってまつ毛が傷んでいる・毛が弱くなってきた・抜けやすくなったなど心配な方にも安心してお使いいただけます。

■製品の詳細

販売名:ビオラッシュ<まつ毛美容液>
内容量:0.25 mL×30本
成分 :水、BG、チロシン、アルギニンHCl、ヒスチジンHCl、イソロイシン、
リシンHCl、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、システインHCl、アスコルビン酸、イノシトール、ナイアシンアミド、パントテン酸Ca、ピリドキシンHCl、チアミンHCl、ビオチン、シアノコバラミン、葉酸、リボフラビン、リン酸2Na、リン酸K、硫酸Mg、塩化Ca、加水分解シルク、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸Na、ヒノキチオール

■価格
6,000円(税抜)

Corning Life Sciences(Wujiang)Co., Ltd との販売供給契約締結に関するお知らせ

2015/01/15 

当社では、2015年1月より、Corning Life Sciences(Wujiang)Co., Ltd.と中華人民共和国(香港、マカオ、台湾を含む)における製品販売供給に関する業務提携を開始致しました。

テラ株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

2014/04/08 

当社は平成26年4月8日開催の取締役会にてテラ株式会社(本社:東京都港区、
代表取締役社長:矢崎 雄一郎、東証ジャスダック 証券コード:2191)と
資本業務提携契約を締結することを決議しましたので、お知らせいたします。

二酸化塩素製品の消費者庁 News Release 報道に関して

2014/04/01 

この度二酸化塩素製品に関して消費庁より指摘がありました件に関してご案内申
し上げます。
当社の販売している、二酸化塩素製品「I‐ブロック・エアー」、「I‐ブロック・パウチ」、
「I−ブロック・エアーBOX」に関しましては、消費者庁より指摘は受けておらず景品
表示法に基づく措置命令の対象外となりました。
しかし、同一成分である二酸化塩素(空間除菌タイプ)製品は、用いる広さや換気回数、
設置場所などにより使用環境が異なります。製品自体の性能に関しては、何ら問題ござい
ませんが今回の様な誤解を招く表記表現を止め本来の二酸化塩素の能力を正しく御理解
して頂けるよう努めてまいります。
ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

「埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰」の特別賞を受賞いたしました

2013/04/30 

「埼玉ちゃれんじ経営者表彰」の第9回表彰式が4月30日、浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市浦和区)で開催され、弊社代表取締役社長 中村 孝人が特別賞として表彰されました。

「埼玉ちゃれんじ企業経営表彰」とは、県内の中小企業、ベンチャー企業経営者を鼓舞する制度として、埼玉産業人クラブが創設したもので、経済変動の大きな波が押し寄せる中でも挑戦し続ける県内の優秀な企業経営者が受賞する制度です。

⇒埼玉産業人クラブのホームページはこちら

共同研究先である東京理科大学・辻孝研究室の毛髪再生に関する研究成果が各メディアで紹介されました

2012/05/14 

先般、再生医療分野において東京理科大学・辻孝研究室の毛髪再生に関する研究成果がマスメディアを通じて広く報道され、世界中で大きな反響を呼んでいます。本研究では、生体外の細胞操作によって再生毛の種となる器官原基を作り出し、それを移植することで毛髪を再生させるという画期的な技術が用いられています。

現在、コージンバイオは辻孝研究室との共同研究プロジェクトにおいて、毛髪再生技術に必要不可欠な細胞の培養液および培養技術の開発を進めております。

「最先端の技術を一日も早く社会に還元すること」を基本理念とするコージンバイオは、次世代再生医療の実現に向け、常にバイオテクノロジー分野の開拓者であり続けます。

経済産業省において戦略的基盤技術高度化支援事業に認定されました。

2010/06/18 

経済産業省において以下の弊社事業が平成22年度の研究開発計画に採用されました。

発酵食品製造における微生物汚染防止のための品質管理システムの開発:
発酵食品製造における微生物汚染に対し、製品や中間製品から検出される汚染微生物のマイクロフローラを製造工程や原材料のマイクロフローラと比較し、類似度に基づいて汚染源及び汚染経路を特定し、清掃浄化することによって短時間で衛生状態を回復する衛生管理技術を確立する。また、発酵食品の腐敗原因となる乳酸菌群、耐熱性菌群を対象としたマイクロフローラ解析用培地セット及び汚染源検索データベースを開発する。
「平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業」採択結果について⇒

▲ページのトップに戻る

コージンバイオ株式会社 お問い合わせはこちらから tel049-284-3781