組織培養関連

製品案内

  • AdoptCellR-NK-Kit

コージンバイオ株式会社 〒350-0214 埼玉県坂戸市千代田5-1-3 TEL 049-284-3781 FAX 049-284-4784

SGS

HOME > 製品案内 > 微生物関連 > 臨床細菌検査用培地 > グラム陽性球菌用培地 > "KBM"コロンビアCAヒツジ血液寒天培地

微生物関連

一覧に戻る

"KBM"コロンビアCAヒツジ血液寒天培地

使用目的 ""KBM"コロンビアCAヒツジ血液寒天培地は、臨床検体からグラム陽性球菌を分離するための選択培地です。
組成 (精製水1Lに対して)
ペプトン...........................................18.0g
酵母エキス .........................................5.0g
ナイアシン .........................................0.5g
デンプン.............................................1.0g
塩化ナトリウム ...................................5.0g
寒天................................................15.0g
コリスチン .......................................250000U
アズトレオナム ...................................0.005g
ヒツジ脱繊維血液...............................50.0mL
特徴 1.混合菌感染の臨床検体ではグラム陰性桿菌の旺盛な発育、トキシン産生などによってグラム陽性球菌の発育が抑制され、血液寒天培地等の非選択培地では検出できないケースがありますが、本培地を使用することにより検体中の少量のグラム陽性菌も検出可能になります。

2.腸内細菌の発育抑制のためにナリジキシン酸(NA)が用いられている選択培地では、プロテウスの発育が阻止されず培地全面にコロニーが遊走するため、同時に発育したグラム陽性球菌の釣菌が困難ですが、NAをアズトレオナムに変更することによりこの問題は解決されます。また発育不可能であった一部のブドウ球菌の発育もこれにより改善されます。

3.基礎培地の改良によりレンサ球菌の発育支持力が向上しました。従来の血液寒天培地では発育が弱いかまたは非発育の菌も良好に発育します。
品質管理 Streptococcus pyogenes ATCC 19615   良好発育、β溶血
Streptococcus pneumoniae ATCC 6305  良好発育、α溶血
Staphylococcus aureus ATCC 25923  良好発育、β溶血
Proteus mirabilis ATCC 12453    発育阻止

使用法
1.検査室に届けられたサンプルはできる限り早く培地に画線塗抹する。
2.35℃、18〜24時間、5%炭酸ガス培養する。
3.24時間培養後に細菌の発育を認めない場合は、さらに24時間培養する。

各菌種のコロニー性状
レンサ球菌          小、白色〜灰白色、βまたはα溶血
腸球菌            小さいがA群レンサ球菌よりも大きい、灰白色、αまたはβ溶血
ブドウ球菌          大、白色〜灰白色またはクリーム色〜黄色、βまたは非溶血
ミクロコッカス        大、白色〜灰白色または黄色〜オレンジ色、βまたは非溶血
コリネバクテリウム     小〜大、白色〜灰白色または黄色、βまたは非溶血
カンジダ           小、白色
グラム陰性菌         発育阻止

商品コード:42060
"KBM"コロンビアCAヒツジ血液寒天培地 10枚  1,900円

冷暗所(2~10℃)保存
有効期限 75日

◆記載以外の微生物用検査用培地の製造も承りますのでお問い合わせください。

◆受注サイズ・納期・価格についてもお問い合わせ下さい。

'KBM' コロンビアCAヒツジ血液寒天培地

一覧に戻る

各写真をクリックすると大きい写真が表示されます。

Streptococcus pneumoniae ATCC 6305

Get ADOBE READER PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

▲ページのトップに戻る

コージンバイオ株式会社 お問い合わせはこちらから tel049-284-3781